■管理記録ver2からVER3へバージョンアップ! 管理物件カルテを作成しましょう!
管理記録ver3.xlsを使ってみましょう。
EXCEL賃貸管理システムのメニュー画面左下の管理記録ボタンで開きます。  


 

 

一度、EXCEL賃貸管理システムから開いた後は、単独でも使えます。

ver3から既に登録済みのデータから工事履歴を抽出表示出来ます。

        

                                

 

                                   

                    

                              

   

 

                                                                 

                                                                                                                                

         

            

開きましたら
表題ー-->リスト設定で
受付担当・対応担当を登録します。

FAX番号も登録してください。

           

           

            

          

                          

                           

後は表題ー-->登録で
管理記録を入力していきます。

受付N0・受付日時は自動で入ります。

管理物件抽出ボタンで管理物件を選択して
ダブルクリックで
管理物件名・番号・賃借人名・連絡先が
自動で入ります。

賃借人抽出でも同じように
管理物件名・番号・賃借人名・連絡先が
自動で入ります。

受付分類・場所分類・対応状況:リスト選択

受付内容と対応内容を入力します。

手配先をブレーンから選択できます。

 

FAXボタンで見積もり依頼書、メンテナンス修理依頼書faxシートを作成できます。

一覧でオートフィルターや登録記録の編集画面への移行も出来ます。

 

 

 

データは編集で修正登録が出来ます。

 

               

                   

データ出力で未処理・対応中分の抽出もワンクリック

 

 

                             

                                        

                                   

                                  

                                  

                                    

                                      

 

 

                                                                

 

 

 

 

 

                                                                

管理物件別管理記録の抽出

 

 

  

   

   

   

   

    

  

         

         

         

          

                                                                                             

                                                                    

        

           

        

 

                                  

                             


■VER3からの新機能
管理物件の各部屋のカルテを作りましょう。今後は各部屋の工事履歴、設備の状況等管理業務には必要になってきます。

 左図は適当に打ち込んでいます。
入力の仕方はいろいろ工夫してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

          

              

                

              

             

                               

                                    

                                     

                                      

                                                                                                                                         

                                                                             

管理記録で登録したデータから
管理物件カルテに受付項目が
メンテナンス・工事・修理になっている
データを工事履歴で読み込めます。

 

                                               

 

OFFICE SAEKI