■年度替わり・リセット
本ソフトは年度替わりリセットを行うことによって新年度の入金処理が出来るようになります。
既存データはソフトにずーっと蓄積されていきます。
年度替わりリセットは
入金チェックシートを初期化する作業のことです。
12月分賃料の集金業務が終わった段階で、メニュー-->年度替わりリセットボタンで行います。

年度替わりリセットをすることによって、入金状況が初期化されますので、年度替わりリセットを行う前に
バックアップを取っておくことをお勧めいたします。

【手順】

まずシステムフォルダーを開き
現在お使いのEXCEL賃貸管理システムを
コピーします。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     

コピーしたEXCEL賃貸管理の名前を変更します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        

名前は分かりやすいように頭にBCを付けると後から分かりやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         

バックアップファイルをドラッグでデータ保存フォルダーに保存してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                      

バックアップの保存が終わりましたら
現在お使いのEXCEL賃貸管理システムを開きます。

メニュー画面右下の年度替わり・リセットボタンをクリック

 

 

 

 

 

 

 


                            

      

                                                                         

 

                                                                        

                                                     

                                                                                            
                                                      

メニュー-->管理物件一覧を開き入金状況ボタンを押して初期化されているか確認してください。

       
















                                                                

       
メニュー-->テーブル編集で

公共料金抽出時期を確認してください。
12月請求の公共料金記帳月になっているかを確認してください。
2015年度用にリセットした場合
2014/11/1 になっていればOKです。

2014/11/1になっていない場合は
2015年度用なら
2014/11/1に設定して
再設定ボタンを押してください。

来期1月分賃料等で登録されたデータは来期がすべてクリアーされます。

        ご自分で操作するのがご不安な方は、ご遠慮なくご連絡下さい。
         システムチェックも兼ねて当社でバックアップファイルと年度替わり・リセットを行います。                              
 

                                               

戻る

OFFICE SAEKI